エブリン・キャズー lavandula stoechas ‘Evelyn Cadzow’

ニュージーランドで1990年代にEvelyn Cadzowより作出された品種。

エブリン・キャズー

lavandula stoechas ‘Evelyn Cadzow’
2006年6月1日(自宅にて)

小さなV字型の苞葉と4段程の小さな花穂が特徴で株自体もあまり大きくならない小型種。

エブリン・キャズー

lavandula stoechas ‘Evelyn Cadzow’
実生の株で花色が淡い黄色
2007年5月20日(自宅にて)

実生で育てたものからは苞葉が黄色で花色が淡い黄色や薄い青色のものが育った。
ただし、花か咲き進むと最初に咲いた花が茶色くなってしまうため見栄えがよくないのが残念。

エブリン・キャズー

lavandula stoechas ‘Evelyn Cadzow’
実生の株で花色が淡い青色
2007年5月20日(自宅にて)